イタリアなのにひきこもり

食いしん坊ひきこもり主婦@Italia  

ひきこもり

ブログを始める時につけた「イタリアなのにひきこもり」というタイトル。

自分の現状を素直に表した。

ひきこもっていても、イタリアには刺激的なことが多くて、一人家から外を眺めてにやけたり、TVでもツッコミどころが沢山あるからだ。

 

日本では61万人を超える中高年のひきこもり事情がある。らしい。

千葉県船橋市の人口が63万人程。

ひきこもり問題が取り上げられ、ひきこもりの定義とやらを読んだ。

  • 趣味の用事だけ外出
  • 近所のコンビニには出かける
  • 自室から出るが家から出ない
  • 自室から出ない

これらの症状が6ヶ月以上続くこと。らしい。

 

ひきこもりのきっかけは、

  • 退職
  • 人間関係
  • 病気

私のきっかけも上記3つ。

私も立派な中高年のひきこもりだ。

 

何かが引き金となって、社会から受け入れてもらえないと感じた時、人や社会を信じることができなくなる。

その不安が孤独を生み、孤独が不安をあおり、感情的になり、周りがどんどん引いていく。そして孤立する。

 

不安が募り、孤独になり、意味不明の怒りを生むことは体験済。

しかし、破壊しても怒りをぶつけても何も解決しない。

より苦しくなるだけだ。

その苦しみが辛くて、逃げたくて自死を選んでも成功しなかった。

死ねなかった自分にまた新たな怒りが生まれた。

「弱い、弱すぎる」と責められた。

「どうしてこんなに苦しんでいるのに、まだ攻め続けるの?」

「あなた達は恵まれてるから、私の気持ちがわかるはずがない」

という思いで一杯だった。

 

私はひきこもりが悪いとは全く思わない。

生活できて、ひきこもりが心地よく、自分が笑顔で幸せだったらいいんじゃないかな?

ただ、ひきこもることによって、不幸だと思ったり、不安を感じるようであれば、その不安を取り除くのは自分しかできない。

自分の不安は、自分にしか理解できないもの、時には自分でも理解できない時もある。

誰にも理解できない。それ故、誰にも助けられない。

助言をもらっても実行するかしないかは自分次第。

決定権はいつも自分なんだな。

 

私は、幸か不幸か、稼がなくては生活できない状況なので、ひきこもりながらも少しでも稼ぎを見つけなくてはならない。

患っていても、できることを探すしかない。

家の中で笑って、食いしん坊なひきこもりもいること、わかって欲しいなぁ~

 Grazie!!! Smile!!!