イタリアなのにひきこもり

食いしん坊ひきこもり主婦@Italia  

ひょんなこと

ひょんなことから「蕎麦」が食べたくて仕方ない。

それは、我が家の洗濯機ホースが破損したことから始まった。

 

数日前、洗濯機のホースから噴水のように水が噴き出しているのを発見。

我が家の洗濯機は20年以上稼働しているため買い替えを考えた。

Amazonブラックフライデー特集を見ていると、洗濯機よりもホットプレートに目がいってしまう。

洗濯機ホースは近所の金物屋さんで調達し、自分達で交換作業に挑戦した後、購入を決めようということになった。

アマゾンポイントがあることだし、ホットプレートが欲しくなった私達は、すぐにホットプレートを購入した。

f:id:mariaitalia:20201121214426j:plain

 

そして、洗濯ホースを購入するために近所の金物屋さんに出向いた私達。

金物屋さんで素晴らしい物を発見!

おぉ~これでホットプレートを使ってお好み焼き、もんじゃができるではないか~!!!!

f:id:mariaitalia:20201121214723j:plain

f:id:mariaitalia:20201122005018j:plain

お好み焼き2枚、一緒に焼ける~

焼きそばなんかも作っちゃおう!とハイテンションになりながら、レジへ!

 

すると...

金物屋さんのお兄さんは2年前の夏、日本に旅行に行った。

それ以来、私をみると「こんにちは!」「ありがとう!」と言ってくれる。

お兄さんに「これでお好み焼きを作るの。日本でお好み焼き食べた?」と聞いた。

お兄さんの答えは、

「もちろん、お好み焼きとたこ焼きを大阪で食べたよ。だけど、僕は蕎麦が恋しいよ。特に、ざる蕎麦は最高だね。天ぷらがついていたり。何回も食べたよ」

・・・その瞬間からお蕎麦が恋しい。

天ざるなら、何とかイタリアでも食べることができる。

乾麺の蕎麦はアジアマーケットで手に入るので天ぷらを作ってなんとか作ることができる。

しかし、しかし、にしん蕎麦は無理。

甘辛く煮たニシン、関西風のお出汁と日本蕎麦。

父とお蕎麦屋さんに行くと必ずにしん蕎麦を注文する。

年越し蕎麦ももちろん、にしん蕎麦。

一口食べて必ず「うん、いける」と言う。

f:id:mariaitalia:20201121223257j:plain

父と二人で食べた年越し蕎麦。

何年前かな?

あ~恋しいなぁ

 

日本は3連休ですね。

どうぞお健やかにお過ごし下さいね💕

Grazie!!! Smile!!!