イタリアなのにひきこもり

食いしん坊ひきこもり主婦@Italia  

生活

父からのメール。

「変わりないですか?生活できていますか?」

必ずこの一文で始まる。そして、

「会える日まで父は元気でいます」

で終わる。

涙腺が崩壊する。

外出先で読むと大変なことになる。

家にいる時は、ひと泣きしたあと、さだまさしさんの「案山子」を聞きながら返信をし、これでもかというほど涙を流す。

日本で暮らしていた頃、夫が「案山子」を聞いてよく泣いていた。

♪「街には慣れたか?」

「友達できたか?」

「今度いつ帰る」♪で号泣していた。

それが今では日本の音楽といえば「グローブ」などと言うようになった。

夫は母国イタリアに戻り、生活を再開し日本での生活はもうきっちりと「思い出」になっているようだ。

私はイタリアでの生活を楽しんでいるつもりだが、まだ一日に何度も日本の生活が恋しくなる。

いつか日本での生活が「思い出」になるのだろうか。

いずれにしてもどうにかこうにか「生活」できているだけで有難いことだ。

f:id:mariaitalia:20191108222243j:plain

父と私のデートはいつも蕎麦屋さん。

私は季節のお蕎麦を食べ、父はいつも「にしんそば」

f:id:mariaitalia:20191026050431j:plain

毎回メニューを見て「やっぱり、にしんやな」が常套句。

一口食べて大きく頷き「うん、いける」と言う。

恋しくなって「一度イタリアに来ませんか?」とメールをしてみた。

きっと返事は来ないだろう。

忘れた頃にふっとメールが来るのを楽しみにしている。

 

日本の秋と違い、イタリアの秋は悪天候続き。

一気に気温も下がり、ダウン、ブーツの出番となりました。

季節の変わり目、体調崩されませんように。

よい週末をお過ごし下さいませね😊

Grazie!!! Smile!!!

ブログランキング・にほんブログ村へ