イタリアなのにひきこもり

食いしん坊ひきこもり主婦@Italia  

ヒキコモリータの由縁

グーグルアドセンス申請のために、一度削除した記事を厚かましく再掲させて下さい!

なぜ削除したかと言うと、URLを変更したことからの他のサイトのコピーと思われる可能性があったからで...。

非常に自己都合で申し訳ありません。

ヒキコモリータの由縁

私、ヒキコモリータはイタリアに嫁ぐ前、日本で心療内科にお世話になっていた。

とにかく典型的な重症の鬱病。

私は、鈍くて何もかもに時間がかかったり、人の気持ちを理解するのに時間がかかり、仕事のハードさ、離婚から自分をどこまでも追い詰めていた。

真面目な性格もあり、仕事を辞めることなんて無責任すぎてできない。と心底思っていた。

2度、自殺未遂をしたことが...

1度目は両親に助けてもらって、2度目は心肺停止状態から救急車で運ばれ一命をとりとめた。

「死んだら誰からも責められず仕事を辞めることができる」と常に思っていた。

あ~思い出すと重い...本当に重い...😢

集中治療室で目覚めた時に「何だ、死ねなかったのか」と絶望したことをはっきり覚えているなぁ。

だけど、今ははっきり言える。

「あ~生きててよかった💗助けていただいてありがとう💗」

 

沢山の命が生きたいと願いながら、生きられない現実をしっかりと見ているのに、それでも命を粗末にした。

でも、当時は思っていた「本当に死にたい。ごめんなさい。」と。

イタリアに嫁いでからも「もう死にたい」と何百回と思った。

ベッドから出ることができない日々を過ごした。

今でも死んでしまいたい。と思うことがある。

だけど「簡単には死ねない!」ということを経験しているので、行動にはうつせない。

 

2人の友人が自ら命を絶っている。

自死の原因は1つの事柄ではないだろう。いくつもの事情が重なり、そして衝動的になった時に起こるのだろう。

本当に彼女達は死にたかったのだろうか?

本当は愛する人に助けてもらいたいと思っていたんじゃないだろうか?

と自分のことを振返り思うことがある。

 

家族は無念だと思う。

その気持ちを思うともう ❝ 自ら命は絶たない ❞ だろう。

 

そう決意をし、生きる💪と腹を括り、頭、身体、心にその決意を落とし込むと自分を大切に思えるようになってきた。

自分を傷つけるものからは距離を置く。

自分を大切にする、そして、してくれる環境の中で生きよう。

そして、様々なブログに出会い、生きる術、助けを得ている。

 

そんなわけですっかり今はすっかり家にひきこもっている「ヒキコモリータ」ができあがってしまった。

名前は単純にPizzaマルゲリータが大好きだから😋

薪窯ナポリピザフォンターナ 「ピッツァマルゲリータ」 1枚 (直径20cm)

Grazie!!! Smile!!!