イタリアなのにひきこもり

食いしん坊ひきこもり主婦@Italia  

猛暑

猛暑のイタリア。

今日は朝6時でも蒸し暑かった。

一週間前とは大違いで驚いている。

 

猛暑であっても、毎年、観光客で賑わう中心街も今年はちょっと光景が違う。

明らかに観光客が少なく、シャッターを閉めているお店も多い。

夫も観光サービス業のため、3月から失業中。

というわけで3月からずぅ~っと24時間一緒の時間を過ごしている。

春には小競り合いもしていたが、今はとにかく平和な日々だった。

 

しかし...

この猛暑で私は非常に機嫌が悪くなっている。

今週は夫のゴッドファーザーの死に直面したこともあり、歪な精神状態になった。

自分で自分の機嫌を取っているが、自分では手に負えないほど機嫌が悪い。

朝起きて夫のタバコの吸い殻にイライラ。

食事を作りながら「どうして冷奴がないの!」「どうしておそうめんがないの!」「どうしてうなぎがないの!」と馬鹿っぽくイライラ。

毎日のんびりと過ごしている夫に「私はイタリア語の宿題で、こんなに大変なのによく呑気にしていられるね。家事を手伝ってくれないの?」とイライラ。

お昼寝をしても罪悪感を感じない夫に嫉妬した。

「夫」が悪いのではない。

誰かが私に何かをした訳でもない。

猛暑以外に何もイライラする理由がない。

夫に八つ当たりしているだけだ。

理由がわかると、忍耐力のない自分にうんざりした。

 

土曜日になって、気楽になり冷房をかけた部屋で昼寝をした。

隣で夫もゴロゴロしながらイヤホンとipadでYouTubeを見ながら笑っている。

その笑い声を聞きながら「これでいいのだ!」と思った。

 

イライラや気分的な怒りには生産性がない。

この猛暑も時間と共に過ぎ去る。

コロナも対応方法が見つかれば永遠に怖がる必要もない。

今は大変でも「愛情」と「感謝」と「忍耐」があれば必ず新しい道が開けるだろう。

毎年、夏とはこんなものだ。と思ってやり過ごしていた「猛暑」

「猛暑」を言い訳に、夫や周りに八つ当たりしていた私に大きな学びを与えてくれた。

 

夫の呑気さにも感謝しようと思う。

f:id:mariaitalia:20200802013151j:plain

夫のイタリア帰国を心底喜んでくれたゴッドファーザー、ジョバンニ。

独身だった彼は、日本人女性を紹介して~が口癖だった。

春になったらビステカを食べに行こう!と言っていたのにな。

f:id:mariaitalia:20200802015247j:plain

 

そう言っても、日本の猛暑と比べるとまだマシなのかもしれません。

母と電話で話をする度に、日本の不安定な気候とコロナ感染拡大状況に心が痛みます。

くれぐれもご自愛下さいね。

 

Buon weekend a tutti 😊

Grazie!!! Smile!!!