イタリアなのにひきこもり

食いしん坊ひきこもり主婦@Italia  

前へ

年末に体調を崩してしまった時、10日間程、毎日20時間以上ベッドの上で過ごした。

最初は起き上がる力もなかったが、体調が戻り始めると本、ブログ、YouTubeを見る余裕ができた。

年末だったこともあり、2019年を振返り、2020年には目標を明確にして達成に向けての習慣を作ろうと思った。

この数年間、イタリアで生活をしながら、外向的になれない自分を責めていた。

 

イタリアで働きたい、稼ぎたいと思いながら、年齢はどうしようもないとしても、一向に改善されないイタリア語力、内向的な性格に焦りを感じていた。

2019年8月にブログに書いた目標、

「心と体を健全に保ち、家族を大切にする」こと。

www.hikikomolita.com

ということもいつの間にか忘却し、「稼ぐ」ということに焦りを感じていた。

「もっと楽観的に!」「もっと前向きに!」という励ましにも焦っていた。

 

しかし、体調を崩し、12月、どうにも動けなくなった時に出会った言葉。

「楽観的になること」「前向きに考えること」が大事なのではなくとにかく「前に進む」ことが大事ということ。

そうだ!前へ進もう。

「楽観的」「前向き」という言葉に振り回されず、前へ行こう。

外向的にならなくても、内向的であっても、自分の中で前へ行けばいい。

アラフィフだけど、まだ生きている時間がある。

今日の小さな目標をクリアし、明日はまた小さな目標をクリアしよう。

今更ながら発見した。

 

イタリアで生活している以上、イタリア語は必須。

現在、私のイタリア語力はB1(日常生活の中で頻繁に遭遇する場面で適切な言葉が使え、イタリア旅行が問題なくできる)合格。

さらに一段階上のB2(日常生活の、より広範囲な場所に対応でき、また勉強や仕事において的確に意志の伝達ができる。合格者はイタリアの大学入学時のイタリア語試験を免除される。)の5科目中3科目のみ合格。

というレベル。

今年は12月のCILSではB2を合格したい。

細切れの目標を達成しながら日々過ごすことが出来ればなんと幸せなことだろうか。

 

前回のブログで書いた「美」を意識し、「智」を少しずつ身につける。

こんな崇高なイメージは生まれて初めての経験。

まず一歩前へ進もうと思う。

 

ショッピングモールに備え付けられたアマゾン受取りロッカー。

従業員が自宅に不在時も職場で受取ることが出来る。

イタリアって何気に凄いな。

多くの事が理不尽なのに、前に進んでるなと思うこともある。

 

年の始め。

なかなかペースがつかめません。

とにかく眠り、自分を褒めて、生きてることに感謝。

それだけでいい。ですね。

Grazie!!! Smile!!