イタリアなのにひきこもり

食いしん坊ひきこもり主婦@Italia  

日常

昨夜、気持ちが収まらず家を出て、ブログを書きながら空を見上げていたら日本の家族、友人が恋しくなり、バスに乗り空港に行った。

携帯のバッテリーも無くなり、所持金10ユーロでボーっとロビーのベンチに座る。

この空港で何度泣いただろう。

一人で日本に行く時、イタリア家族と離れたくなくて何度も泣いた。

イタリアに帰って来た時は、やっと会えた嬉しさで何度も泣いた。

日本を離れる時、泣いたことがない。

 

到着ロビーに行くと、沢山の日本人の方が到着されていた。

その姿を拝見して、ここで生活を始まる為に日本から到着した時のことを思い出した。

ここに生きている。

ここに私の日常生活がある。

もう人生の半分は過ぎている。

あと何年、自由に身体が動くだろう。

過去や自分の妄想に振り回される時間がもったいない。

そして家路についた。

 

家に帰り、夫に自分が傷ついていること、どうしても辛いことを話した。

夫は前妻の写真を子供達のアルバムになおし、目に触れないようにしてくれた。

子供達の母親だから関係を断つことはできない。

夫と私、揺るぎない信頼関係を少しずつ構築するまで一体何年かかるのだろう。

一朝一夕ではない。

さぁ日常に戻ろう!

どっしりと堂々とイタリアノンナのように!

Grazie!!! Smile!!!

f:id:mariaitalia:20190510154104j:image